ラグビーのポジション

ラグビーのポジションは、大きく分けてフォワード(FW)バックス(BK)の2つに分けられるよ。
背番号は、各ポジションごとに決まるんだ。

フォワードは大きくて強いパワー自慢の選手たち

背番号1~8番までの選手をまとめてフォワード(FW)というよ。
みんな力持ちで、ぶつかり合いを得意とする集団なんだ。
各ポジションの役割は下記の通り。

[1番]左プロップ(PR)

左プロップは、お相撲さんみたいな体型で、パワーと身体の大きさが求められるポジション。

[2番]フッカー(HO)

フッカーは、プロップより少し小柄だけど、その分器用さが求められるポジション。

[3番]右プロップ(PR)

右プロップは、左プロップ同様、お相撲さんみたいな体型で、チームの中で最も体重を必要とするポジション。

[4番]左ロック(LO)

左ロックは、チームの中で最も背の高い人がなるポジション。機動力重視の巨人。

[5番]右ロック(LO)

右ロックも、チームの中で最も背の高い人がなるポジション。パワー重視の巨人。

[6番]左フランカー(FL)

左フランカーは、チームの中で最も運動量を必要とするポジション。タックルのスペシャリスト。

[7番]右フランカー(FL)

右フランカーも、チームの中で最も運動量を必要とするポジション。タックルのスペシャリスト。

[8番]ナンバーエイト(No.8)

ナンバーエイトは、チームの中で最もぶつかり合いに強い人がなるポジション。リーダー的存在。

バックスは速くて上手い、スピード自慢の選手たち

背番号9~15番までの選手をまとめてバックス(BK)というよ。
バックスは足が速くて、パスやキック、ランを得意とする集団なんだ。
各ポジションの役割は下記の通り。

[9番]スクラムハーフ(SH)

スクラムハーフは、チームの中で最も小柄な人がなることが多いポジション。パスの職人。

[10番]スタンドオフ(SO)

スタンドオフは、パス、キック、ランの全てのスキルを兼ね備えたチームの司令塔。

[11番]左ウィング(WTB)

左ウィングは、チームの中で最も足の速い人がなるポジション。トライゲッター。

[12番]インサイドセンター(CTB)

インサイドセンターは、スタンドオフと共に、ゲームをコントロールするゲームメーカー兼切り込み隊長。

[13番]アウトサイドセンター(CTB)

アウトサイドセンターは、スピードに加え、フォワード並みの強さが求められるバックスの突破役。

[14番]右ウィング(WTB)

右ウィングは、左ウィング同様、チームの中で最も足の速い人がなるポジション。トライゲッター。

[15番]フルバック(FB)

フルバックは、高いキック力とディフェンス力が求められるチームの砦。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。