ノットリリースザボール【ラグビールール中級編】

ノットリリースザボール(not-release-the-ball)とは、ボールを持った選手が倒れてしまったにもかかわらず、ボールを放さずに持ち続ける反則のことをいうよ。
ラグビーには、基本ルールとして、立っていない選手(寝ている選手)はプレーしてはいけないという決まりごとがあるんだ。
そのため、ボールを持った選手が倒された場合は、速やかにボールを放さなくちゃいけないんだけど、その状況でボールを放さずに保有し続けるとノットリリースザボールとなり、重い反則が取られてしまうよ。

タックルを受け倒された選手がボールを放さない理由は主に2つあるんだ。

放したら敵にボールを奪われるから

例えば、味方のサポートが相手チームよりも遅れてしまったときなど、ボールを放してしまった瞬間に敵に奪われてれしまうと判断した場合は、味方のサポートがくるまでのほんのわずかな時間、ボールを放さずに抱え込むことがあるよ。
もちろん、ノットリリースザボールの反則を取られるリスクはあるけど、そのまま奪われてターンオーバー(カウンター攻撃)されてしまうと、ディフェンスの陣形が整っておらずトライを奪われる可能性も十分にあるため、そういった理由からボールを放さないことがあるんだ。

ボールを放したくても放せないから

上記とは別に、ボールを放したくても放せないケースもあるよ。
ボールを放さなければ「ノットリリースザボール」という重い反則が取られるため、相手チームがその反則を誘発させることがあるんだ。
例えば、タックルで倒れた選手に覆いかぶさり、立ちながらボールを奪い取るジャッカルというプレーがあるんだけど、そのままボールを奪い取れればジャッカル成功となり、仮にボールを奪い取れなくても、相手ごと包んでしまうことで、相手はボールを放していないとみなされ、ノットリリースザボールを誘発させることができるんだ。
言葉じゃ分かりづらいと思うので、下記の動画をみてみてね。

これがジャッカルだよ。
ジャッカルの条件として、ボールを奪い取るプレイヤーは必ず自立していなければいけないんだ。
膝がついたり、自立していない状況でボールに絡みにいけば反則を取られてしまうので、かなり高度なテクニックなんだよ。

ノットリリースザボールのレフリーシグナル

こちらが、ノットリリースザボールが発生したときの「レフリーシグナル」。

レフリーがこの合図を出したら、ノットリリースザボールがあったんだなって思ってね!



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。