ラグビーワールドカップ日本大会が次にいつ開催されるのか考えてみた

世界三大スポーツイベントの一つで、4年に1度開催されるラグビーワールドカップ
1987年に第1回大会が開催され、2019年にはここ日本でも開催し大きな注目を集めたよね。
このラグビーワールドカップ日本大会は「一生に一度」といわれていたけど、次に日本で開催される可能性があるのはいつか、考えてみたよ。
あくまでも個キャラ的予想なので、参考程度に読んでみてね。

ラグビーワールドカップの開催国

2023年に開催される「ラグビーワールドカップ フランス大会」を含め、これまでの開催国は下記の通りだよ。

第1回大会(1987年)ニュージーランド・オーストラリア共催
第2回大会(1991年)イングランド
第3回大会(1995年)南アフリカ
第4回大会(1999年)ウェールズ
第5回大会(2003年)オーストラリア
第6回大会(2007年)フランス
第7回大会(2011年)ニュージーランド
第8回大会(2015年)イングランド
第9回大会(2019年)日本
第10回大会(2023年)フランス

上記から分かる通り、2015年までは南半球→北半球→南半球→北半球の順番で開催国が決定していたんだ。
しかも、開催国はすべてラグビー伝統国と呼ばれる「ティア1」の国々。


でも、ラグビーワールドカップを主催する「ワールドラグビー」は、ラグビーの更なる世界発展を目指し、2019年に初めて「ラグビー伝統国以外の国」で開催することを決めたんだよ。
そしてこの日本大会が見事に大成功!
この成功体験により、今後、日本のような「ラグビーの人気拡大が見込まれる国」での開催が広がっていくといわれているんだ。

ラグビーワールドカップの準備期間

ちなみに、ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催が決定したのは、2009年7月のことで、約10年前。
当時、6年後に迫った「ラグビーワールドカップ2015」と共に、2大会同時で発表されたんだよ。
この時のように、2027年と2031年の開催地をまとめて決定すると、ワールドラグビーの「ビル・ボウモント会長」は明らかにしたんだ。
「ラグビー伝統国」と「ラグビーの人気拡大が見込まれる国」との組み合わせを、再び検討しているんだって。
この流れで考えると、2027年の準備期間の短い方が「ラグビー伝統国」、2031年の準備期間の長い方が「ラグビー発展国」と予想できるよ。
そして、2023年が「北半球(フランス)」での開催だから、2027年は「南半球」が濃厚とされているんだ。

参考資料:BBC NEWS

ラグビーワールドカップの立候補国

開催地を予想する上でこれも大事な情報なんだけど、近年のラグビーワールドカップで開催地に立候補した国は下記の通りだよ。

ラグビーワールドカップ2011の立候補国

ラグビーワールドカップ2011に立候補した国は「ニュージーランド」「南アフリカ」「日本」の3ヵ国。
日本はアジア初のワールドカップ開催に向けて奮闘したものの、決選投票でニュージーランドに敗退。

ラグビーワールドカップ2015・2019の立候補国(2大会同時決め)

ラグビーワールドカップ2015に立候補した国は「イングランド」「南アフリカ」「日本」「イタリア」の4ヵ国。
この内、南アフリカ・日本・イタリアの3ヵ国は2019年にも立候補しており、最終的に2015年がイングランド、2019年が日本に決定。

ラグビーワールドカップ2023の立候補国

ラグビーワールドカップ2023に立候補した国は「フランス」「南アフリカ」「アイルランド」の3ヵ国(イタリアは途中で招致レース撤退)。
1回目の投票でアイルランドが脱落し、フランスと南アフリカで決選投票が行われた結果、2023年はフランスに決定。

ラグビーワールドカップ2027・2031の立候補国(2大会同時決め?)

2027年の立候補国はまだ決まっていないけど、開催に意欲を示しているのは「南アフリカ」「オーストラリア」「アルゼンチン」「アメリカ」「ロシア」の国々。
特にアメリカは、2031年の立候補にも意欲を示しているみたいなんだ。

ラグビーワールドカップの開催地予想

これらを踏まえた上で、今後の開催地をズバリ予想してみたよ。
※今後は、南半球と北半球の間にティア2が入ると予想

第11回大会(2027年)南アフリカ(南半球)
第12回大会(2031年)アメリカ(ティア2)
第13回大会(2035年)イタリア(北半球)
第14回大会(2039年)ロシア(ティア2)
第15回大会(2043年)アルゼンチン or ニュージーランドオーストラリア共催(南半球)
第16回大会(2047年)日本(ティア2)※この時にはもうティア1になっているよね

長年立候補し続けるも開催地決定には至らなかった南アフリカが、2027年の開催地と予想するよ。
ラグビーワールドカップ2019の「優勝」で追い風も吹いているしね。
そして2031年アメリカと予想!
アメリカはラグビーのプロリーグが発足されたことで着実に人気が高まってきているし、世界トップに上り詰めるポテンシャルを秘めているから、近い将来かなりの確率で開催されると思うんだ。
この流れでいくと2035年は北半球のティア1で、まだワールドカップが開催されたことのないイタリアかな。
そして2039年は、ズバリロシアがくると予想するよ!
ロシアの「ラグビー競技人口」はまだ少ないものの、世界一の広さを持ち、人口が1億4,680万人というこの国のポテンシャルは日本に匹敵すると思うんだ。


2043年は南半球のティア1で、アルゼンチンあたりが来ると予想!
でも、そろそろ「ラグビー王国」がしびれを切らす気もするから、ニュージーランドオーストラリアの共催も考えられるよね。
そして、2047年の第16回大会に、希望を込めて日本でまた開催されると予想するよ。
もしかしたらもっと遅れるかもしれないし、もっと早まるかもしれないけど、アジアのマーケットはラグビーの世界発展にとって必要不可欠だから、きっとまた開催してくれるはず。
そう信じて、これからのラグビーライフを楽しんでいこうね!



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。