アドバンテージ【ラグビールール中級編】

アドバンテージ(advantage)とは、反則がおこった際に、反則を受けたチームが有利に動いている場合、一定の間プレーを止めずに試合を継続させることをいうよ。
例えば、すごく良い流れで攻撃しているのに、相手がディフェンスで反則したとするよね。
そこで試合を止めてしまうと、「せっかく良い流れだったのに!」ってなっちゃうから、反則していないチームが優位に試合を進めているときは、試合を止めずにプレーを継続させてくれるんだ。
これをアドバンテージというよ。
どちらか一方の反則によってアドバンテージが適用されるときは、レフリーが「アドバンテージ」と宣言し、このように腕を横に伸ばして合図を出してくれるんだ。
腕は、アドバンテージが適用されているチーム側に向けられるよ。

もし、アドバンテージ中にミスをしてしまったとしても、さっき反則がおきた地点まで巻き戻しして自分たちのボール(マイボール)にしてくれるから、アドバンテージをもらったチームはミスを恐れずに思い切ったプレーができるんだ。
これが、アドバンテージの良いところだよ。
万が一ミスをしても、自分たちより前の反則を取ってくれるからね。
もし反則を受けたチームが全く有利に動いていない場合は、レフリーの判断でプレーが止められるよ。

アドバンテージオーバー

相手より有利な状態を示すアドバンテージだけど、このアドバンテージには終わりがあって、反則していないチームが十分得をしたとレフリーが判断した場合は、さっきの反則はなかったことになり、そのまま試合が継続されるんだ。
これをアドバンテージオーバー(解消)というよ。
レフリーからこの「アドバンテージオーバー」のコールがかかったら、先ほど相手チームが犯した反則は時効ということになり、両チームにとって対等の時間帯が再開してしまうんだ。
そのため、アドバンテージオーバーになってからはもう巻き戻しがきかないから、ミスした時点で相手ボールになってしまうよ。

このアドバンテージの効力だけど、正確に何秒とは決められていなくて、レフリーの裁量に任されるんだ。
でも一般的には、ノックオンやスローフォワードなど軽い反則でのアドバンテージは効力が短いとされ、オフサイドやハイタックルなど重い反則でのアドバンテージは効力は長いとされているよ。
また、アドバンテージは、時間だけでなく十分利益を得られたとレフリーが判断した場合はすぐに解消となることもあるんだ。
例えば、自陣22メートル内で相手のノックオンがあったとするよね。
そのボールをこちら側が拾い上げて相手陣地まで一気にゲインできた(陣地を奪えた)場合、アドバンテージがかかってから数秒しか経っていなくても、明らかに大きな利益を得ることができたため、すぐにアドバンテージオーバーとなるよ。
アドバンテージは、試合展開をスピーディーにするための大事なルールでもあるから、この機会にぜひ覚えてね。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。