インテンショナルノックオン【ラグビールール中級編】

インテンショナルノックオン(Intentional knock-on)とは、故意にボールをはたき落とす反則のことをいうよ。
直訳すると意図的なノックオンという意味で、通常のノックオンであれば「軽い反則」だけど、故意に(わざと)犯したノックオン(インテンショナルノックオン)は「重い反則」に分類されるんだ。
また、場合によってはシンビン(イエローカード)が出されてしまうほど、やってはいけない反則とされているんだよ。
まずはこの動画を観てみてね。

これがインテンショナルノックオンだよ。
このインテンショナルノックオンはディフェンス時に見られることがほとんどで、人数的に不利になった場合インターセプトを狙った時などにやってしまいがちな反則なんだ。


上記動画のように、トライに繋がるようなシーンではシンビン(イエローカード)が出されることが多く、またこの反則が無ければ間違いなくトライだったと判断された場合は、ペナルティトライが与えられることもあるんだよ。


ちなみに手のひらが上を向いていた場合は、はたき落としてはいないとみなされ、通常のノックオンと判定される可能性があるんだ。

インテンショナルノックオンが厳しい理由

場合によっては一時退場となってしまう「インテンショナルノックオン」だけど、少し厳しすぎないかな?と思ってしまうよね。
でも、ボールを故意にはたき落とし相手のプレーを妨害するこの行為は、ラグビー憲章にある「品位」や「規律」に著しく反する行為として厳しく罰せられているんだ。
このことからもわかる通り、ラグビーはとことんズルを嫌うスポーツなんだよ。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。