山中 亮平(Yamanaka Ryohei)

山中 亮平(やまなか りょうへい)選手とは、トップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属するラグビー選手だよ。
ポジションは、スタンドオフ・センター・フルバックができるユーティリティプレイヤー
日本代表の初キャップを獲得したのは、2010年5月に行われたアラビアンガルフ戦で、まだ大学生のとき。
若い頃から「天才」と言われ続けるも、度重なる試練にぶちあたり、中々日の目を浴びることができなかった苦労人なんだ。
でも2019年のラグビーワールドカップ日本大会では、念願のワールドカップメンバーとなったんだよ。
山中選手の基本情報は下記の通り。

本名:山中 亮平(やまなか りょうへい)
ニックネーム:山ちゃん / ダッシュ
生年月日:1988年6月22日
出身地:大阪府大阪市
身長:188㎝
体重:98㎏
出身中学:大阪市立真住中学校
出身高校:東海大仰星高校
出身大学:早稲田大学
所属チーム:神戸製鋼コベルコスティーラーズ
キャリア:日本代表 / サンウルブズ
ポジション:スタンドオフ / センター / フルバック

山中選手のラグビー人生は14歳から始まったよ。
小学時代は水泳を、中学時代では1年生のときにサッカーをやっていたんだけど、2年生になってラグビーに転身。
そしてすぐに才能は開花し、高校では強豪の「東海大仰星」に進学したんだ。
当時から身体が大きく、ラン・パス・キックができる大型スタンドオフとして注目され、3年生のときには全国高校ラグビー(花園)で優勝を成し遂げたんだよ。
高校卒業後は、名門である「早稲田大学」に入学し、1、2年時の「大学選手権」で優勝に貢献。
そして4年生のときに、日本代表の初キャップを獲得したんだ。
まさに絵に描いたようなスター街道を歩み続ける山中選手だけど、ここから幾度となく困難にぶつかってしまうよ。
大学卒業後の2011年には、神戸製鋼コベルコスティーラーズに入団し、2011年のラグビーワールドカップ日本代表候補にも選ばれていたんだ。
でも、強化合宿中に行われた抜き打ちのドーピング検査で陽性反応が出てしまい、2年間の選手資格停止処分が。
それに伴い、神戸製鋼コベルコスティーラーズからも一時退団することになったんだよ。
口髭を生やすための育毛剤が原因だったみたいなんだけど、これによりラグビーワールドカップへの出場というチャンスが消滅してしまったんだ。
2年間の処分期間が終了した2013年には、神戸製鋼コベルコスティーラーズに再入団。
2015年のラグビーワールドカップでは、再び日本代表候補に選ばれるも、最後の最後で落選してしまったんだよ。
そして2019年のラグビーワールドカップ。
3度目の正直でラストチャンスでもあった本大会に、見事「31人のワールドカップメンバー」として選出されたんだ。

山中亮平選手の強み

山中選手の強みは、何といってもユーティリティプレイヤーであることだよ。
ユーティリティプレイヤーとは、いくつものポジションができる選手のことをいうんだけど、山中選手は「スクラムハーフ」以外のバックスであれば、どのポジションでもこなせるんだ。
そのため、日本代表やサンウルブズで怪我人が発生したときは、柔軟に対応できる山中選手が追加招集されることが多く、そのことからミスター追加招集とも呼ばれているんだよ。
この他にも、バックスとしては日本人離れした体格も大きな武器。
身長188㎝、体重98kgという体格は外国人選手にも十分通用し、「ラン」「パス」「キック」と何でも万能にこなせる器用さセンスが、山中選手の大きな強みなんだ。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。