ラック【ラグビー用語中級編】

ラックとは、両チームの選手が地面にあるボールを奪い合う密集戦のことをいうよ。
同じ密集戦である「モール」との違いは、ボールが地面にあるか、人が立って持っているかの違い。


タックルを受け倒れた選手は、ボールを放さなくちゃいけないんだけど、そのボールを両チームの選手が手を使わずに押し合って奪い合うんだ。その密集が「ラック」だよ。

画像引用:WORLD RUGBY 競技規則

試合中に最もよく起こる密集戦で、ぶつかり合いが発生する度にこのラックが見られるんだ。

ラックが成立する条件

このラックだけど、両チームから少なくとも1人以上が、ボールの上で相手と密着する(押し合う)ことで成立するよ。
人数が多いほど、ボールを確保できる確率が上がるけど、ラックに人数をかけすぎてしまうと次の攻撃や守りに影響を及ぼすから、出来る限り少ない人数でボールを確保できるようにするのが良いとされているんだ。

ラックにおける主な反則

ここでは、ラックで発生する主な反則を説明するね。

ハンド

ハンドは、ラックやスクラムの中で手を使ってしまう反則のことをいうよ。
ラグビーは、サッカーとは異なり「手を使ってもいいスポーツ」だけど、ラックとスクラムの中だけは、手を使ってプレーしてはいけないんだ。
もし、ラックやスクラムの中で手を使いボールを奪いにいってしまうと、この「ハンド」という重い反則が取られてしまうよ。
ちなみに、相手のボールを奪い取る「ジャッカル」というプレーは、ラックが成立する前にボールに絡みにいっているから、ハンドとはならないんだ。

ノットリリースザボール

ノットリリースザボールは、倒された選手がボールを放さずに持ち続ける反則のことをいうよ。
ラックで最もよく見られる反則の一つで、重い反則に分類されるんだ。
ラグビーは、倒されたらすぐにボールを放さなくちゃいけないんだよ。

ノットロールアウェイ

ノットロールアウェイは、タックルをした選手が倒れたままその場から離れずに、相手のプレー(球出し)を邪魔する反則のことをいうよ。
「ノットリリースザボール」は攻撃側が起こしてしまう反則に対して、この「ノットロールアウェイ」は守備側が起こしてしまう反則なんだ。
こちらも重い反則に分類され、相手チームにペナルティキックを与えてしまうよ。

ラックの重要性

ラックは、数ある密集戦の中で最も多くみられる密集戦だから、非常に重要なプレーとして位置づけられているんだ。
ラックが発生する度に相手チームにボールを奪われたら試合に勝てないからね。
下記の動画のように、ボールを奪いにくる相手選手をしっかり押し返せるかどうかが、勝敗を分けるといっても過言ではないよ。

サポートをする選手が少し遅れてしまうだけで、相手にジャッカルされてしまう(ボールを奪われてしまう)から、ラックではこのサポート選手の速さが重要となってくるんだ。
だからボールを持っている選手だけでなく、これからは周りのサポート選手にも注目してみてね。
目立たないところで、すごく頑張っているんだよ!



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。